小水力発電事業

pic_hydroelectric

水力発電とは

水が高いところから低いところへ落ちる時のエネルギーを利用して水車を回し、水車と直結した発電機で電気をとりだすのが水力発電です。したがって、落差が大きいほど、発電しやすいということになります。また、太陽光や風力発電は天候に左右されますが、水力発電なら年間を通じて安定的な発電が可能です。

しかも、燃料等は不要で、水と装置があれば発電できます。つまり、燃料の輸入等が必要ないので、エネルギー資源の乏しい日本にとって、純国産の貴重な再生可能エネルギーの一つなのです。さらに、燃料を燃やすことによる温室効果ガスや有害酸化物の発生も起こりません。

小水力発電とは

水力発電の中でも、最大出力1,000kW以下のものは「小水力発電」と呼ばれます。これまでは、水力発電所は大規模なものが主流でしたが、最近は、小規模なものの導入も進んでおり、ダム建設等で自然や環境に負荷をかけることなく、ますますクリーンな発電ができるようになってきています。

小水力発電のメリット

水力発電の最大の利点は、クリーンということです。下のグラフの通り、二酸化炭素排出量が石炭や石油より大幅に少なく、クリーンとされる原子力や太陽光よりも低い値なのです。

発電別二酸化炭素(CO2)排出量

水力発電の主なメリット

まず、水力発電のメリットは以下の通りです。
  • 発電時に温室効果ガスや大気汚染の原因となる酸化物を排出しない、クリーンな発電方式
  • 水力は再生可能エネルギーであり、石油等と違って枯渇の心配がない
  • 燃料の輸入が不要なので、円高等の経済情勢の影響を受けない
  • 落差が大きいほど発電に適するので、山や川が多い日本に向いている
  • 水車も発電機も効率が高く、エネルギー変換効率は約80%で、火力発電の2倍近い
  • 始動・停止時間が早いため、急速な負荷変動に追随可能
  • 火力や原子力発電と比べ、設備が簡単なので、運転・保守が容易
  • 長年の実績があり、導入事例も多く、技術的に確立されている

小水力発電の主なメリット

次に、小水力であれば、以下のようなメリットもあります。
  • 小水力なら、大規模なダム建設等が必要ないので、自然や環境に及ぼす影響が少ない
  • 規模が小さいため、さまざまな場所に設置できる可能性がある

 

弊社の小水力発電についてのご質問・お問い合わせはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせフォームへ