採用情報

社員インタビュー

小林 渉 1日のスケジュール

現在の仕事について教えてください。

北海道支店というチームの指揮官

前職はアパレル業界で10年ほど勤務しましたが、「将来的にも家族を養っていけるのか」という不安が強くあり異業種への転職を決意し自信の強みであるコミュニケーションスキルを活かせる営業職でかつできるだけ早く成長ができそうな勢いのある会社を探したところ、エコスタイルの求人に出会いました

初めての営業職で戸惑いも多くありましたが上司や仲間に支えられ入社2年目の35歳のときに東北支店の支店長に任命され、1年後には北海道支店の支店長として勤務しています。現状一緒に働くメンバーも全員が中途入社でそれぞれが希望を持って取り組んでおり、また私も支店長として「モノを売ろうとするのではなく、人間味で選ばれる存在になる」という信念を、同じ支店で働くメンバーに伝え日々の業務に取り組んでいます。
 

仕事のおもしろさを教えてください。

個人よりチームとして数字をつくることが
醍醐味。

一般社員でやらせて頂いた頃は、常に数字を意識し、どちらかというと個人プレーが多かったのですが、
役職を付けて頂き、チームとして数字を作る醍醐味は格別です。
それぞれ社員に合わせた指導なり、アドバイスなりで、コントロールし結果が出た時は、自分の事以上に喜びを感じます。
また、関わっているメンバーの成長を目の当たりにできたり、頑張りが結果に結びついたときには自分のことのように嬉しく感じます。

 

仕事をする上で心がけていることを教えてください。

常に誠意を持った対応を心がけることです。

初めての営業職で戸惑いや不安の中上司や仲間に支えられながら常に次のステップを想像することを意識し行動することを心がけていました。
一番大切なことは常に誠意を持った対応を心がけることです。結局最後は人間的に素晴らしい人が勝つと思います。

 

仕事で苦労したことを教えてください。

数字が取れない辛い時期。

営業なので、数字が取れない時が続いた時期です。東北支店が開設した際には全く数字が取れない時期が続き、あの時は個人で数字が取れない時期よりも辛かったです。辛い時期があったからこそ、自分がどのように変化して行かなければいけないのかを真剣に考えさせられた時期でもあり、その経験が現在の北海道支店立ち上げに活かされていると思います。

 

夢や目標を教えてください。

もっと大きな舞台で何百メガの契約など
大きな営業をやってみたい。

まだまだ経験・知識は少ないですが、将来的には北海道・東北の営業本部長という役職があれば、やってみたいです。また、もっと大きな舞台で大きな顧客様相手に何十メガ、何百メガという営業をやってみたいです。

 

最後に、休日の過ごし方を教えてください。

子供とすごしその成長を見ることが楽しみ。

子供と過ごすことが多いです。上の子がバスケを初めて、私も小・中・高とバスケ一筋でしたので、子供のバスケの上達ぶりを見ると、うれしく感じます。

 

1日のスケジュールを見る

recruit_interview_schedule_yamada