ビジョン

地域の電力インフラを変える。
再生可能エネルギーによる電力の自給自足を実現。

RENEWABLE ENERGY

社会、産業、経済、そして私たち一人ひとりの暮らしは、いまや電力なしには一日たりとも立ち行きません。人間の英知によってこうした膨大な電力の供給源は今、化石燃料や原子力のみならず、太陽光や水、地熱、バイオマスなどの再生可能エネルギーへと大きく広がっています。子供たちが生きる未来に豊かで安全安心な社会を手渡すことを真剣に考えた時、今まで以上に多様なエネルギー源の確保が必要となります。

一方でグローバル化が進展し、世界を相手に競争力を発揮していかなければならない現代にあって、エネルギー価格の高騰は、産業・経済の発展を揺るがす重大な問題となっています。

政府が進める電力システム改革における電力広域的運営推進機関の設立、電力小売りの完全自由化、電力発送電分離を通じて、フェアーで自由なエネルギー取引を実現するために、地域から電力ビジネスを活性化することが求められています。

今後も将来にわたって日本の産業、経済の発展を支え、だれもが豊かで安全安心な社会を実現するため、そして地域へ電気代の還流の仕組みを構築することにより地域経済を活性化するために、地域の電力インフラを根本から変える必要があります。エコスタイルは再生可能エネルギーによる地域が求める電力供給の仕組みをご提供します。

いつの日か太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーが、地域の電力インフラの主役になる。そうした時代の到来を目指し、エコスタイルはこれからも再生可能エネルギーを通じた電力エネルギービジネスに貢献してまいります。

 

1.再生可能エネルギーの普及に尽力する

原子力発電に依存するのではなく、エネルギー源の可能性を広げるとともに、だれもが自由にエネルギービジネスに参画することを通じて、豊かで安全安心な社会を次世代にも引き継いでいく。その一助となるために、エコスタイルは再生可能エネルギーの普及に尽力しています。

 

2.エネルギービジネスチャネルを広げる

太陽光発電システムの設置・施工の実績を生かし、お客さまの電力エネルギービジネスを後押しする新たなかたちとして、ファンド事業や電力供給事業、電力買取・卸小売事業にも取り組んでいます。ファンドやエネルギーの地産地消によって、より多くの方々が地域の電力インフラ改革に参画することを可能にします。

 

3.多様な再生可能エネルギーを活用する

従来型の電力エネルギー資源に替わり、改めて太陽光発電をはじめとした多様な再生可能エネルギーの重要性が高まっています。そうした社会の要請に応えるべく、エコスタイルは太陽光発電システムに加え、小水力発電、さらには地熱発電と、電力エネルギー資源の多様化を進めてまいります。