ビジョン

ビジョン

分散型太陽光発電による、
脱炭素ソリューション提供のリーディングカンパニーを達成

当社グループは「分散型太陽光発電による脱炭素ソリューション提供のリーディングカンパニーを達成」というビジョンに向けて推進しております。温室効果ガス排出量削減を目指した2030年のエネルギー基本計画における脱炭素電源44%の達成、及び世界的なESG投資の潮流より環境経営は企業経営を左右する重要課題として認識されています。環境経営対応の太陽光発電による脱炭素ソリューション提供を推進してまいります。

脱炭素ソリューション

エコスタイルのビジョン(投資型太陽光発電・自家消費型太陽光発電)

ESG対応企業・環境経営

RE100・SBT・省エネ法

地球温暖化による異常気象の頻発や海面上昇など、いま地球環境は危機に瀕しています。これは、人類が産業革命以来排出してきた二酸化炭素などの温室効果ガスの排出が原因と言われています。これまで、電力を得るには、化石燃料を燃やして二酸化炭素を排出することが避けられませんでしたが、今では、太陽光・風力など再生可能エネルギーによる電力が、新しい大きな可能性を拓いています。
地球において生活するという私たちに与えられた環境を次世代に残すためには、二酸化炭素を排出しない太陽光発電・水力発電・風力発電・地熱発電やバイオマス発電などに電源を転換していくこと、いわゆる脱炭素化が急務になります。
いつの日か太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーが電力インフラの主役になる。そうした時代の到来を目指し、エコスタイルは再生可能エネルギーを通じた電力エネルギービジネスに貢献してまいります。

RE100:企業が自らの事業の使用電力を100%再エネで賄うことを目指す国際的なイニシアティブ。
SBT(SCIENCE BASED TARGETS):産業革命時期比の気温上昇を「2℃未満」にするために、企業が気候科学(IPCC)に基づく削減シナリオと整合した削減目標。
省エネ法:エネルギーの使用の合理化に関する法律。
温対法:地球温暖化対策の推進に関する法律。