オフサイト電源開発事業

オフサイト電源開発事業

オフサイト電源開発事業

高精度の発電予測技術を生かしたサービスを展開

お客様の施設から離れた場所に太陽光発電システムを設置、発電した電気は送配電網を利用して送ることで、再生可能エネルギーの自家消費を可能とします。

オフサイト自家消費型太陽光発電(自己託送)/コーポレートPPA

電力需要施設とは離れた土地に太陽光発電システムを導入し、発電した電気は送配電網を利用して電力需要施設に送ります。
送配電網の利用にあたって必須となる計画値同時同量の達成をサポートします。また、太陽光発電では不足する電力を供給する小売電気事業者が必要となる発電計画の通告を代行します。
施設内でのオンサイト太陽光発電システムの設置が困難な需要家やオンサイト太陽光発電システムだけでは需要量が十分でない需要家向けに非化石価値付電気の自己託送を実現します。

オフサイト自家消費型太陽光発電のイメージ

オフサイト自家消費型太陽光発電(自己託送)のモデル

オフサイト自家消費型太陽光発電のスキーム図
独自の予測技術を活用

自己託送に係る各種サービス

電力需要家(貴社)に安心して自己託送をご利用いただけるように一般送配電事業者と自己託送に係る各種契約(接続供給兼基本契約、発電量調整 供給契約、振替供給兼基本契約)のサポートします。

①自己託送あんしんサポート

(1)自己託送に係る申請・各種契約をサポート
  • 一般送配電事業者に計画値同時同量の達成方法を説明し、審査から承認までをサポートします。
  • 当社が電力需要家が締結する必要のある各種契約等(接続供給兼基本契約、発電量調整 供給契約、振替供給兼基本契約)をサポートします。
(2)業務委託契約
  • 毎日、発電予測値から発電販売計画を作成し、電力広域機関(OCCTO)へ提出します。
  • 発電販売計画から需要調達計画を作成、OCCTOへ提出すると同時に小売電気事業者へ自己託送での供給量を通告します。

②初期投資0円賃借モデル(第3者所有モデル)/コーポレートPPA

自己託送第三者所有モデルは発電事業者などが開発した太陽光発電所を電力需要家(貴社)が賃借し、発電した電力を自己託送する賃借モデルであり、電力需要家が発電事業者と直接、長期間の電力購入契約を締結するコーポレートPPAです。電力需要家(貴社)は太陽光発電所の設置に係る初期投資費用の負担なく自己託送による再エネの直接利用が可能になります。
発電事業者とは太陽光発電所の賃貸借契約を締結頂き、設定されたkWhあたりの賃料を固定価格でお支払いいただきます。
また当社から発電事業者をご紹介させて頂くことも可能です。

※ ここでの「初期投資」とは、本システム導入に関する施工関連・土地取得関連費用(工事代金、機器代金、設計技術費用、土地代、造成費など)を指します。
※ 自己託送に必要な、電力会社との契約に係る印紙代や電力広域的運営推進機関のシステム利用に係るクライアント証明書の取得費用や年会費等、諸費用は実費が別途かかります。
※ 契約期間満了後の設備の取り扱いに関しては、契約の内容により異なり、保有する場合には追加の費用が発生する場合もあります。
※ 契約には個別に発電事業者による審査があり、契約期間や太陽光発電所の賃料、自己託送サポート、発電インバランスの負担などの諸条件は契約で取り決めます。

RE100・SBT時代の再エネ電力の新しい調達方法
自己託送×太陽光発電
資本金1億円以下の企業様限定!土地付太陽光発電所土地付太陽光発電所