法人向け太陽光発電O&Mサービス

太陽光発電システムの長期的な安定稼働を考えるなら「設備点検」「除草」が揃ったO&Mサービスがおすすめです。自然災害などによる機器トラブル、発電停止・低下の早期発見に対応します。

「改正FIT法」で義務化された保守管理

O&M

2017年4月より施行された改正FIT法では、現在稼働中のものも含め、すべての太陽光発電システムに対してO&M(運用管理・保守維持管理)の実施が義務化されました。これにより、太陽光発電システムの長期安定稼働や安全性が益々求められるようになりました。一見、メンテナンスの必要がないと思われがちな太陽光発電システムですが下記のようなリスクが原因で発電量が低下する恐れもあります。

落下物

パワコン異常

雑草による影

定期的な設備点検や除草で発電量の低下を防ぐ

太陽光発電O&Mサービス

当社では、長期にわたり安心して太陽光発電事業を運営して頂けるよう、お客様のニーズにお応えできる太陽光発電O&Mサービスをご用意致しました。定期的なメンテナンスを実施し軽微な不良箇所を発見する事で発電量の低下を防ぐ事が可能です。

当社の太陽光発電O&Mサービスは、発電所の長期的な安定稼働に必要な「①設備点検」と「②除草」のサービスになります。太陽光発電システムの設置計画時からご導入いただく事をお勧め致します。

①設備点検

点検項目については、電気事業法で定める技術基準に適合するように、同法に基づく規定に従って実施します。

保守・点検項目

太陽電池モジュール・パワコン・接続箱や集電箱・架台や配線ケーブル等を中心に点検を実施します。
不具合や異常があった場合には、速やかにお客様に報告すると共に現地における修繕対応や不具合の原因究明を行い、その修復を図ります。

②除草

定期的な除草は発電量を維持するためにも重要です。雑草の成長は、太陽光発電システムの発電に影響を及ぼすので、発電量低下を未然に防ぐために、定期的な除草作業を行います。

お問い合わせはこちら

その他 法人向けソリューション

Page Top